海外と日本では薬事法が違うのか

身体に直接使うものだから

私たちが普段何気なく服用している風邪薬などの医薬品や石鹸やシャンプー、化粧品などは「薬事法」という法律の下に管理されていることを知っていましたか。

私たち人間が衛生上問題なく使用できるように、日本における薬事法では細かい規則を設けて厳しい管理下で扱うことを法律で取り決めているのです。

人間の健康を増進し、病気からの回復などを担う医薬品や直接皮膚と接触する石鹸や化粧品などの安全衛生を司る法律なので厳しいのは仕方がありません。

国際的な統一基準がない

ところが、薬事法は日本以外の諸外国にも存在するのですが、国際的に統一されてはおらず、各国での取り決めに準じているのです。

例えば、新薬が開発され、その臨床結果から人体にも問題なく、有効な薬用を発揮すると分かったとしても薬事法に基づいて、関連行政の審査を受けて、承認許可され、その他にも様々な手続きを踏まなければ、病院やドラッグストアで扱うことはできません。

しかし、例えばこの新薬が市場に出るまでのプロセスが海外の薬事法の場合はもっと短縮される場合があります。

ドラッグ・ラグという障壁

「海外の病院でなければ手術することができない」という理由で難病を抱えた子供が飛行機に乗って飛び立っていくシーンを見たことはありませんか。

それと同じような事が薬事法の世界で起こっており、海外では既に有効性が認められ、病気の治療に使われているにも関わらず、日本では使用許可が下りていないというケースがあります。

これは「ドラッグ・ラグ」と呼ばれ、今なお日本と海外の薬事法の格差が生む障壁となっているのです。

原因としては日本の薬事法に基づく審査や開発の工程に時間が掛かりすぎているためですが、それが安全の証(あかし)であるという意見もあります。

いずれにしてもこのような格差が一刻も解消されるような国際レベルの改革が望まれます。

一緒にとっておきたい主な資格

薬剤師国家試験に見事合格し、晴れて薬剤師になったあなたには薬剤師の資格と一緒に取得することをお勧めする資格を紹介します。

専門分野に特化

薬剤師の資格には特定の専門分野に特化した薬剤師であることを認められた認定薬剤師専門薬剤師という資格があります。

これには特定分野の薬剤業務に一定期間従事した経歴があり、かつ特定分野に関する研修や研究会に参加し、指定された試験に合格することで資格が得られます。

スキルアップ・キャリアアップに有効

具体的にはがん薬物療法の専門とするがん薬物療法認定薬剤師やがん専門薬剤師、感染防止を専門とする感染制御認定薬剤師や感染制御専門薬剤師、精神科医療で扱う薬物を専門とする精神科薬物療法認定薬剤師や精神科専門薬剤師などがあります。

これらの専門分野に特化した薬剤師の資格はスキルアップやキャリアアップには有効な資格であるため、薬剤師として就職する前から積極的に情報を収集して計画的に就職活動をしている学生もたくさんいます。

チーム医療のメンバーとして必要

その他にも薬剤師の資格を取得していることでチーム医療の一員として活躍することができる栄養サポート専門薬剤師という資格があります。

これは近年医療現場で重要視されているNST(栄養サポートチーム)という栄養療法で患者の栄養管理を医師や看護師、栄養士などの専門スタッフでチームを形成して対応する手法です。

薬剤師にもこのNSTの専門療法士の資格があり、薬学の分野からの様々な提案が求められます。

民間資格もいろいろ

又、最近では薬学分野に関する様々な民間資格も登場しており、健康維持や予防医学のアドバイスを実施するヘルスケアアドバイザーという資格は日本チェーンドラッグストア協会が認定を行っています。

これら以外にも薬剤師が持っていると有利になる資格はたくさんありますので、自分が活躍するフィールドに合わせた有用な資格取得を目指してみましょう。

何歳まで薬剤師は目指す事ができるのか

薬剤師を目指すことについて、年齢的な制限はありません。

つまり極論を言えば60代、70代でも薬剤師の資格取得を目指すことはできるのです。

但し、薬剤師になるためには毎年実施される薬剤師国家試験を受験し、合格しなければいけません。

そして、この薬剤師国家試験に合格するためにもちろん猛勉強する必要があるのですが、受験資格を満たさなければ受験することすらできないので注意しましょう。

資格試験のための受験資格?

基本的な薬剤師国家試験の受験資格は大学機関において6年制の薬学の課程を修了し、卒業または卒業見込みであることが条件になります。

2005年までは薬学部4年制を修了した者に受験資格が与えられていましたが、法改正により2006年以降は6年制に移行されました。

つまり、全く薬学の学部を卒業していない者が薬剤師を目指すのであれば、まず薬学部のある大学に入学し、最低でも6年間の課程を修了しなければいけません。

ハードルはかなり高い

薬剤師の資格取得には年齢制限は無いと言いましたが、現実問題として様々な障害が考えられます。

まず薬学部を6年間通い続けるには時間とお金が必要になります。

例えば、社会人になってから職場を退職し、薬剤師への転職を目指して大学に入学した場合、授業料はもちろん一人暮らしをしているのであれば、生活費も稼がなければいけません。

昼間は大学で講義や実習を重ね、夜や休日にはアルバイトをするという生活を6年間続けて、卒業してはじめて薬剤師国家試験の受験資格を取得することができるのです

前例はあるが簡単にはいかない

事実、一度全く違う業界に就職したものの薬剤師になる夢を追いかけて、薬学の大学に入学し、見事薬剤師への転職を実現した人は存在します。

但し、最低でも6年間大学に通う必要があるため、既に結婚をして、家庭を持っている人には厳しい条件かもしれません。

薬剤師は中途採用はあるのか

経験が多いほうが重宝される

日本の古い考え方では転職にはドロップアウトをした人間というイメージがありますが、現代では違います。

特に医療業界や薬学業界では事実、転職は活発に行われており、転職の回数が一種のステータスになっていたりします。

これは医療業界や薬学業界では知識よりも経験が物を言うからです。

もちろん転職にもさまざまな理由があるので一概には言えませんが、経験を積んだ人間の方が高く評価される傾向にあるのです。

転職の理由第1位

薬剤師の方で転職を考える理由の最も多い理由が収入に関するものです。

薬剤師のよくあるケースが初任給としては満足のいく給料だったが、その後の昇給は実に緩やかで伸び悩みをするケースです。

就職した当時は独身で稼いだお金は自分が好き勝手に使うことができましたが、結婚をして、家庭を持つとそういう訳にはいきません。

住居の購入や子供の教育資金などお金が掛かる事がたくさんあります。

そのため、収入アップを目的に転職を考える薬剤師の方は実はたくさんおられます。

強気の売り手市場

薬局や病院、ドラッグストア側も経験を積んだ中堅薬剤師を中途採用で積極的に募集しているところは多く、まだまだ薬剤師は売り手市場と言えます。

実際、薬剤師専門の転職支援サイトでは自分のキャリアに見合った転職先を探すためにさまざまなサービスを利用することができます。

まず豊富な求人情報を詳細条件で絞り込むことができる求人検索画面があり、転職支援サイトをWebから無料会員登録することで薬学業界に明るい専門スタッフからのアドバイスを受けることもできます。

もちろん現在の職場に転職活動をしていることを知られないために募集先との連絡調整を代行してくれるところもあります。

キャリアアップするために必須

薬剤師専門の転職支援サイトを利用して、収入アップやキャリアアップを実際に成功している薬剤師の方はどんどん増えています。

もし自分の収入に満足が出来ないとか、今の職場ではキャリアアップが出来ないと悩んでいるのであれば、ぜひ転職支援サイトを利用してみましょう。