薬剤師として開業する時の注意点

薬剤師として独立開業することはひとつの夢の形であり、誰でも一度は夢見るものです。

自分の城とも言うべき薬局を構え、自分のやりたい経営方針で経営を進めていくことができるので、これ以上に無いやりがいを感じることができるでしょう。

しかし、独立開業と一言で言ってもやらなければならない事はたくさんあり、生半可な気持ちでは達成することは難しいでしょう。

そこで薬剤師が独立開業する時に注意しなければいけない点をいくつか紹介します。

人脈があるか

まずこれまで雇われ薬剤師として日々業務に追われてきた方が現状の待遇に不満を持ち、独立開業を目指すとします。

さてまず何をしなければいけないか、そこから始まると思います。

そんな時に相談することができる友人や知り合いなどの人脈がある程度築かれていないとはじめの一歩すら踏み出すことができません。

コミュニケーション力

薬学の業界である程度の人脈を築いていこうと思うのなら、コミュニケーション能力は必須でしょう。

ひとつの事業を立ち上げていく時に自分ひとりの力ではどうすることもできません。

多くの人から話を聞き、そして理解をした上で相談をして、ひとつひとつ解決していくという手順を踏んでいかなければ達成することはできません。

人脈、そしてコミュニケーション能力は独立開業するためには欠かせないものだということを知っておきましょう。

自分の使命を忘れない

さらに独立開業をただの金儲けの手段として考えているのであれば、おそらく失敗するでしょう。

根本にあるのは薬剤師としての使命であり、人のために労働を提供するという基本原理を忘れてはいけません。

必ずしも独立開業だけが選択肢ではありません。薬剤師の資格を生かして転職するという道もあります。

自分にとってどんな方向性がよいか、よく考えて決めることをお勧めします。