薬剤師のボーナスの相場

薬剤師の平均的なボーナスの相場はおよそ60~150万円と言われています。

倍以上の幅があるのは、薬剤師と言っても就職先の業種や環境的な違いによって支給額にそれほどの差があるのです。

就職先によって差は大きい

薬剤師の就職先として上位に挙がるのが調剤薬局やドラッグストア、病院や診療所、製薬会社です。

薬剤師は大体どこに就職をしても最初の年収は400万円程度ですが、その後勤続年数を重ね、役職が上がってくると650~850万円ぐらいになります。

但し、年収の中には通常ボーナスを含ますが、ボーナスというのは必ず支給されるものではありません。

いつでもどこでも支給されるとは限らない

勤務先の業績が上がり、利益を従業員に還元するという仕組みであるため、業績が悪く、赤字続きであればボーナスが支給されないこともあり得ます。

従って、平均的なボーナス支給額とは言いますが潤沢に支給されている人もいれば、全く支給されない人もいるということを忘れていけません。

しかし、薬剤師は病院や調剤薬局のような比較的安定している勤務先が多いため、余程のことが無い限り、倒産の憂き目に逢ったりはしないと思います。

ボーナス100万円以上も

ボーナス支給額が多いのは都心部などの大規模病院に勤務する薬剤師で100万円を超えることは珍しくありません。

又、製薬会社に勤務する営業職や創薬担当の薬剤師も民間企業であるため、成果主義の場合が多いですがしっかりと業績を上げることでこちらも100万以上のボーナスが支給されることがあります。

但し、勤務先が地方の場合はボーナスの支給額が下がってきます。やはり需要と供給のバランスがあるのは、経済の常識なのです。

ボーナスをたくさん欲しいのであれば業績が伸びている民間企業やチェーンストアなどで業績を上げるか、大規模総合病院で勤続年数を重ね、キャリアアップを図るなどの道があります。

薬剤師として、業績のよい業種や企業への転職をすることも視野に入れるとよいでしょう。