一緒にとっておきたい主な資格

薬剤師国家試験に見事合格し、晴れて薬剤師になったあなたには薬剤師の資格と一緒に取得することをお勧めする資格を紹介します。

専門分野に特化

薬剤師の資格には特定の専門分野に特化した薬剤師であることを認められた認定薬剤師専門薬剤師という資格があります。

これには特定分野の薬剤業務に一定期間従事した経歴があり、かつ特定分野に関する研修や研究会に参加し、指定された試験に合格することで資格が得られます。

スキルアップ・キャリアアップに有効

具体的にはがん薬物療法の専門とするがん薬物療法認定薬剤師やがん専門薬剤師、感染防止を専門とする感染制御認定薬剤師や感染制御専門薬剤師、精神科医療で扱う薬物を専門とする精神科薬物療法認定薬剤師や精神科専門薬剤師などがあります。

これらの専門分野に特化した薬剤師の資格はスキルアップやキャリアアップには有効な資格であるため、薬剤師として就職する前から積極的に情報を収集して計画的に就職活動をしている学生もたくさんいます。

チーム医療のメンバーとして必要

その他にも薬剤師の資格を取得していることでチーム医療の一員として活躍することができる栄養サポート専門薬剤師という資格があります。

これは近年医療現場で重要視されているNST(栄養サポートチーム)という栄養療法で患者の栄養管理を医師や看護師、栄養士などの専門スタッフでチームを形成して対応する手法です。

薬剤師にもこのNSTの専門療法士の資格があり、薬学の分野からの様々な提案が求められます。

民間資格もいろいろ

又、最近では薬学分野に関する様々な民間資格も登場しており、健康維持や予防医学のアドバイスを実施するヘルスケアアドバイザーという資格は日本チェーンドラッグストア協会が認定を行っています。

これら以外にも薬剤師が持っていると有利になる資格はたくさんありますので、自分が活躍するフィールドに合わせた有用な資格取得を目指してみましょう。