薬剤師試験に向けて勉強を始める期間

薬剤師国家試験の対策を何時ごろから始めるべきでしょうか。

一般的には早ければ早いに越した事は無いのですが、あまりにも早目から始めてしまうと緊張感に欠けてしまい、あまり効率の良い勉強ができない場合もあります。

自分の傾向パターンを知る

高校入試や大学入試などをこれまで経験してきた人であれば、自分がコツコツと時間を掛けて勉強していくタイプか、試験直前からスパートを掛ける短期決戦タイプなのかが何となく分かっていると思います。

周囲の友人から薬剤師国家試験に関するいろいろな情報を聞くと思いますが、基本は自分の勉強タイプに合わせればいいでしょう。

学年末が近づくと卒業論文の発表という一大イベントも重なるため、薬剤師国家試験対策の勉強時間が十分に取れない期間も出てきます。

しかし、卒業論文の発表は大体1月には終わっていますので、そこから本格的に勉強を始める人が多いようです。

プレッシャーを感じるのが普通

平均的に8時間以上は毎日勉強する日々を過ごしている人もいれば、国家試験直前には3時間程度の軽く流す程度で調整する人もいます。

一年に一回の国家試験なので、これで落ちたらまた来年まで待たなければいけないというプレッシャーと戦いながら勉強するのはかなり精神的にもハードです。

定期的に実施される模試の結果が芳しくなければ、不安が勉強に手がつけられなくなる人もいますが、薬剤師国家試験を受験した人たちはみんなそのようなプレッシャーを感じながら勉強してきたのです。

本番で楽しめるくらいになろう

結論として国家試験対策の勉強を始める時期は一般的には早めがいいですが、中だるみしない工夫が大切です。

プロと呼ばれる人たちは練習で泣くほど頑張って、本番は笑いながら楽しむそうです。